soy-curd's blog

The blog is written about maebashi or sake or beer or program. [https://twitter.com/soycurd1]

今日の小説

「名刺入れ」「電柱」「お菓子」

「ハラダのラスクというものをご存知でしょうか」
 取り出した名刺を私に寄越してから、運転席に向かって彼女はそう尋ねた。「もしご存知でなかったら、大変不憫なことです」
 私は運転席のパワーウィンドウを下げてしまったことを、すでに後悔していた。 しかし、何も言わずに窓を閉めるのも宜しくないだろう。 もしかしたら相手が激昂して、車内に腕でも突っ込んでくるかもしれない。 そうなればことだ。
「知っていますよ」私は答えた。「群馬県のお菓子でしょう。お土産にもらったことがある」
 その答えに、彼女は安堵の表情を見せた。 「そのとおりです。ご存知なのですね」
 彼女は満足したのか、私の車を離れ、隣の車へと移動していった。 どうやらそこでも同じ問いを発しているようだ。 彼女は駐車場の全ての車について、同じことを訪ねていくようだった。
 このように、駐車場には様々な苦難が待ち受けている。 これはただの一例にすぎない。今日のようにわけのわからない人間が来ることもあれば、 駐車場のオーナーが怒りにまかせてレッカーを呼んでしまうときもある。 私たちは本当に注意深く駐車場を利用しなければならないのだ。
 帰り道、私は電柱に車のバンパーをこすってしまった。電柱にも少し傷がついたようだ。 私は舌打ちをし、今日の不運を嘆いた。そのとき、あの名刺のことを思い出した。名刺には次のように書かれていたのだった。

『株式会社群電工業 電柱の建造、測量、配架、なんでも承ります』

22:09〜22:02