読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

soy-curd's blog

The blog is written about maebashi or sake or beer or program. [https://twitter.com/soycurd1]

d3.jsとpython3を用いて『どんぐりと山猫』のテキストから動物要素を可視化した

第19回文学フリマ向け同人誌『実用 どんぐりと山猫』のメインコンテンツとなる、d3.jsを使ったテキストヴィジュアライゼーションのスクショが撮れた。青空文庫から取ってきた『どんぐりと山猫』のテキストから、pythonを使って"どんぐり"、 "山猫" 等の生物…

群馬文明文芸誌「実用 どんぐりと山猫」

良いの思いつかなかったら表紙これにします。

pythonを用いた文学フリマ参加サークル名の分析

はじめに 2014年11月24日に開催される第19回文学フリマの参加サークルが発表されたので、参加サークルの名前の傾向を分析してみた。 第十九回文学フリマ 参加確定サークル一覧 分析 まずは結果から。 単語 出現回数 会 ************************************…

動物を用いた小説の面白さの評価

はじめに ある小説が存在するとき、我々はその文章の中のどんな要素によって、その小説を「面白い」と評価するのだろうか? 例えばここで、以下のような文があったとする。 私は家を出た。外は晴れていた。公園に向かって歩いていくと、犬が猫を連れて散歩し…

今日の小説

「泥炭」「ご本尊」「ネット広告」 近頃、インターネットをしていると、私のブラウザにはウィスキーが表示されることが多くなった。 それも、異常にピートの効いた、アイラしか表示されない。 その画像をクリックすると、翌月には、私のクレジットカードの額…

今日の小説

ぐんまちゃん小説 ぐんまちゃんがプールに行ったときの話である。ぐんまちゃんは最近水着を作ってもらったばかりだったので、とても良い気分でプールにでかけた。家からずっと水着を着てきていたので、市民プールに足を踏み入れるや否や、シャワーを浴び、じ…

今日の小説

ぐんまちゃん小説 私はぐんまちゃんにこのあいだ会ったのだけれど、近くで見ても、本当にこの赤い丸が口なのか、確信を得ることができなかった。ぐんまちゃんに聞こうとも考えたのだが、ぐんまちゃんは喋ることが許されていないため、答えを得ることができな…

今日の小説

奇跡 群馬で出会う数々の奇跡には、目を見張るものがある。中でも、私がお気に入りの奇跡は以下のようなものだ。それはチュックボールの最中のことだった。私は体育館のギャラリーから選手たちの動きを追っていたのだが、ひとり、動きのおかしな選手がいた。…

群馬小説その3

マカクとは長らく、平和的に暮らしてきた。古くは、食べ物が足りないときにはお互いに穀物を分けあい、飢饉をしのいだこともあるという。マカクはけむくじゃらで、愛嬌のある顔つきをしており、だが、怒らせると非常に恐ろしい。学名をMacaca fuscataという…

群馬小説その2

群馬県は日本で最も長い海岸線を保持していると言われている。しかし、誰もその正確な長さを計測した人はいない。そんなことをやっている暇があるならば、ドライブ、ソフトボール、二月前にクリーニングに出した服を取りに行くなど、他に有意義なことがいく…

群馬小説

群馬県には高度な社会が形成されている。交通網、トイレ、教育は整備されており、治安も非常に良い。県民は、加工された食器を用いて食事を摂る。ルゥは今年の狐役を演じるという。嫁に行くというわけだ。 「招待席のチケットもらったから、あげる。見に来て…

文学フリマ申し込んだ

文学フリマ申し込んだ。サークル名は「群馬文明」。サークル員は引き続き募集中です。

【再掲】群馬文学(仮)立ち上げ

ニッチがあるようなので再掲します。 =========== 要旨 来年春今年秋の文学フリマ*1への参加を目指し、「群馬文学(仮)」を立ち上げます。 目的 第18回*2第19回文学フリマへの参加。 経緯 群馬県内には散文系の文芸サークルがわずかしか存在しない(と思われる…